Blog

知財戦略を作る理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さまの会社には「知財戦略」がありますか?
そして「知財戦略」に法って特許出願を進めていますか?

オープン&クローズ戦略の中で、標準化は「オープン戦略」、知財は「クローズ戦略」
に位置付けられ、ビジネスにおいて重要な役割を担っています。

2017年に中国にぬかれるまで日本は国際特許出願件数、世界二位を
維持していました。
自社の守るべきコア技術を特許出願という形で戦略的に網羅しますが、
出願件数だけを目的に闇雲に出願する必要はありません。

いつの間にか出願件数が目的になってしまう、これは大企業のR&D部門や大学
などで起こりがちな問題です。

当然ながら特許出願には、コストも時間もかかりますし、何より出願にかかる
技術開発者の工数がかかります。
特許出願の内容は、技術者個人の采配に任せず、経営戦略、技術開発戦略と方針を
合わせて「知財戦略」を立てた上で決めてください。

しつこいようですが、特許出願の目的はあくまで「将来のビジネス・チャンス」に
つながること
です。
将来、事業拡大したい分野、自社が勝ちたい市場の技術に焦点を当て、
会社全体で優先順位をつけることで意味がある特許を獲得してください。

ランキングに参加しています。下記のボタンで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。