Blog

調査結果は記録しカテゴライズする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規事業・新商品開発を行うにあたって実施する、ベンチマークや市場調査など
調査をした、そのままになっていませんか?

特に市場調査という名目で実際にそのサービス・商品が使われている現場に赴き
得た情報はスマートホンで撮影したり、メモを取ったりしているのではないでしょうか?

割とよくある話ですが、写真やメモを取って満足してしまうことがあります。
市場調査した外出先からそのまま帰宅する場合は特に要注意です。

また社内において新商品のアイディア出しをするためのベンチマーキングをする
際にもメモを取るかと思いますが、こちらもその後の行動が大切です。

市場調査やベンチマーキング活動は、次の一手を決めるためのアイディア創出が
重要な目的ですが、これ以外にも必要となる場面があることを忘れないでください。

それは、新規事業・新商品の企画を客観的に評価するためのデータとなるから
です。
つまり調査後、すぐにアイディアを出すために使うだけではなく、数週間から
場合によっては、一年後に企画提案をする際などに使うデータとなるのです。
ということは、メモレベルでは詳細を忘れてしまう可能性があるということです。
また単に情報をデータベースに積み上げたままでは、必要な情報のみをすぐに
取り出すことができません。

これを予防するためには、以下の行動をお勧めします。

  • 市場調査、ベンチマーキングを行う前に調査項目をテンプレート化する
  • 当日中に記テンプレートへ入力する
  • 数日以内にまとめ、分類する

分類は業種やスペックなど自社にとって後でデータを取り出しやすいものにする
ことがよいでしょう。
新規事業のように方向性が決まるまではじめのうちは分類しない方がよい場合も
ありますので、進めながら決めるパターンも有効です。

大切なのは時間をかけて収集したデータを後で使える状態で蓄積することです。

 

ランキングに参加しています。
下記のボタンで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。