Blog

閃きは日常の「写真メモ」習慣から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は「アイディアの種を簡単に蓄積する方法」をご紹介します。

タイトルからも想像できるかと思いますが、
その答えは…

「写真メモ」です。

もし、新規事業・新商品の企画を作ることになったら、まずはアイディアを
大量に出す作業が発生します。

最初の100件程度までは順調にアイディアが湧き出てくるかもしれません。

ただし、500件となったら、そう簡単にはいきません。
同じアイディアを繰り返し何回も出してしまうということも出てきます。

アイディアに煮詰まったら、もしくは早々に煮詰まりそうだなと感じている
のならば、「写真メモ」活動に取り組んでください。

「写真メモ」とは、そのままズバリ、スマートホンなどによる「写メ」を示します。

朝の情報番組、通勤時間中で目にする広告、新聞記事をはじめ、
休日に行くショッピングモールなどで気になったものの写真を片っ端から
撮り貯めしておきます。

この「撮り溜め」がポイントです。

インスタグラムの「コレクション機能」のようにお気に入り画像を蓄積しておき、
いざアイディアに煮詰まった時には「虎の巻」のごとく、ざっと眺めてみてください。

すると、この「写真メモ」から意外にもアイディアの種となることがあります。

「写真メモ」は「手書きメモ」よりも簡単に、そして無意識にメモする方法です。
統一性も脈絡もなく、無意識に気になる情報を残しているように思えますが、
意外とその時のご自身の興味の対象が色濃く反映されています。

アイディア出しを日常業務で行なっているならば尚更、無意識に求めている情報
にセンサーが働いているはずです。

テキストではなく、写真というイメージが目に飛び込んでくるため、
一覧で見直す最中に、トンがったひらめきにつながることも。

「写真メモ」は手軽に残すことができるツールですので、義務的に行うのでは
なく、楽しみながら興味を持ったものを撮り続けることをおすすめします。

日常の業務では出会えない、新たな気づきが得られる可能性大です。
ワクワクすることに躊躇せず、五感を使ってアイディアのタネを入手してください。

ランキングに参加しています。
下記のボタンで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。