研究開発テーマ

失敗を許すR&Dテーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クライアント先の開発現場でこのような相談をされることが多くあります。
「うちの会社は成功することが前提。失敗を許す文化なんてありません。」
「今までにない新しい商品企画・R&Dテーマを考えてくれ!とオファーされたのにも関わらず、100%企画提案が通りません。最後は今までと同じ、既存事業のR&Dテーマに決まってしまいます。」
「うちは大企業病を患っています、事業計画上、数百億円規模の売り上げ見込みが立たない限り、革新的なR&Dテーマは承認されません。」などなど。

多かれ少なかれ、皆さんの会社でも同じようなことが起こっているのではないでしょうか?
もちろん、それぞれの企業における環境は千差万別、解決プランも同様ですが、新規性の高いR&Dテーマを推し進めるために有効な考え方について解説します。

R&Dテーマのレベルを分ける

ご承知の通り、将来のビジネスチャンスを獲得するためには新規事業・今までにない新商品の創出は企業ミッションの1つです。これを実現するため、新規性の高い、ある意味で失敗する可能性が高いR&Dテーマを推進することは必須であるにも関わらず、リスクを考慮して稟議が通らないケースが多々あります。

このようにグルグルと同じようなケースを繰り返さないために、リスク分散が有効です。リスク分散とは、R&Dテーマのレベルを3つ程度に分け、配分することです。
これはスタートアップ成長の4ステージに近しいイメージかもしれません。要は複数あるR&Dテーマをそれぞれレベルに応じて進めましょうという考え方です。
具体的には、下記のように設定するとよいでしょう。

  • レベル3テーマ
    既存事業へ確実に貢献するR&Dテーマとして、すでに決定しているある程度の機能・スペックが決定している商品企画に必要な技術開発を行う。
  • レベル2テーマ
    既存事業に貢献できそうなR&Dテーマとして、2〜3シリーズ先の商品企画の価値提供につながりそうな機能・スペックを実現する技術開発を行う。
  • レベル1テーマ
    新規事業および企画されていない新商品を想定したR&Dテーマとして、環境分析により将来の顧客価値を仮説した結果、商品・サービスを実現するための技術開発を行う。

この中のレベル1テーマを失敗が許されるR&Dテーマとし、レベルそれぞれのリソース配分を決めます。

リスクを分散する

複数あるR&Dテーマのレベルを分ける、つまりリソース配分や次ステップへの移行判定基準を変化させるという考え方は、研究開発活動におけるリスクを分散できるという効果があります。

私が尊敬しているファーストリテイリングの柳井さんの著書で、このような内容を目にしました。
それは挽回できる・立ち上がれる余力を残して失敗する(しろ)という考え方です。
よくよく考えてみると当たり前のことですが、エンジニアであった当時の私には目からウロコ。当時の私は、冒頭で紹介した事例のそのもの、成功を前提とした考え方にとらわれていたのです。

例えば、資産を増やすために皆さんは何をするでしょうか?
宝くじを買う、ビットコイン?、銀行での貯蓄、投資信託、株、保険・・・それぞれを自身の生活環境などに応じて配分するかと思います。
R&Dテーマも同様にリソース配分することで、不要なリスクを抱え込まず失敗することがあっても軌道修正しながら徐々に資金源=コア技術へと育成できるというロジックです。

まとめ:R&Dテーマを決定するために

ここまで失敗、失敗と繰り返してきたため、レベル1テーマは失敗前提だと思い込まないでくださいね。当然ながら 宝くじ同様、一回の挑戦で当たることもあるのですから。

新規性が高いR&Dテーマに対してチャレンジすることを諦めず、楽しみ、軌道修正しながら事業につながるR&Dテーマへ育成するためにも、3つのレベル分け・リソース配分・次ステップへの移行基準の設定を推奨します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

コンサルティング現場から
ビジネスに関するヒントや
新商品の開発ポイントなど
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

送信後にメールアドレス宛に
仮登録の通知がされます。
メールを開き、必ず本登録の
手続きをお願いいたします。

(注意)フリーメールアドレス
や同業者と判断された場合は、
事前の許可なく登録されません。