Blog

遠隔会議で使えるツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は時事ネタも含みつつ、遠隔会議で使えるツールをご紹介します。

先日、アップルの開発者向け会議「WWDC18
(Apple Worldwide Developers Conference 2018)」が開催されました。
残念ながらハードウェア製品の発表はなかったようですが、iPhoneやiPad、Macで利用可能な
ビデオチャット機能「FaceTime」の発表がされた模様です。

こちらの「FaceTime」は、最大32人と同時ビデオ通話できる機能とのことですが、
通信ディレイの心配はほとんどないそうです。
暗号化された通信データがアップルのサーバーに送信され、
サーバーからまとめて1本のビデオストリーミングとして送られることで複数の端末と
接続することはなく、通信に影響はないとのこと。

一時の「Skype」は設定も面倒で、通話が途切れるなんてことがしょっちゅうで
苦労していたことを思い出しました。

今も企業内の遠隔地にいるメンバーとの会議に苦労されている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、遠隔地会議で使える無料ツールをご紹介します。

その名は「ZOOM」です。
Skypeと比較すると、ZOOMは通信量が少なく安定した通信環境が維持できるというわけです。
そして設定が簡単で、導入しやすいことも魅力の一つです。

私も実際に「ZOOM」を使用して会議を行なっていますが、ノンストレスで
会話や画面共有ができます。
画面共有をストレスなく共有できることは、ビジネス会議を行う際に大きな利点を
もたらします。
特にルーチンワークではない、新しいアイディアを形にする業務においては
互いにイメージできるレベルで共有することが重要ですから。

ZOOMのサイトはこちらです。
有料版もありますが無料版でかなり機能を使うことができるので、
遠隔会議でお困りの方は一度お試しください。

ランキングに参加しています。下記のボタンで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。