Blog

簡単な傾聴力の高め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ビジネスをする上で重要な「傾聴力」について解説します。

コミュニケーションの基本として「傾聴力」が重要だという説はすでに様々な書籍や
ビジネス記事などで紹介されているかと思います。
少し前までは「どう伝えるか?」つまり、「論理的な話し方」といったノウハウが
紹介され、私も勉強したものでした。

いかに話すかといかに聴くか…どちらが信頼関係を高められるか、
結論から申しますと、やはり「いかに聴くか」が重要です。

「人はそもそも自分の事にしか興味がない」と言われるように、一方的に押し付けられ
たり話をされることを嫌います。
営業の現場などでも「売らずに売る」とは言われるもので、押し付けずに自らが欲しい
と思わせることで売り上げにつながると解説されます。

このブログでは営業ではなく、「新規事業・新商品の技術開発現場における傾聴力」の
高め方に焦点を当てます。

特に部下に対して、期待通りに働いてくれないという悩みをお持ちの方は多いのではない
でしょうか?

もし、そのように感じることがあるのであれば、一度とは言わずに現状の課題や悩みを
聴くことが効果的です。

効果的な質問の仕方については、今後ご紹介していきますが、傾聴力の基本は一つだけです。

それは、「相手がいる方向に体を向け、顔をみてうなづく」ことです。

うなづきを相手への賛同だと勘違いされる方が多いのですが、うなづきは共感です。
相手への共感を表現することで、相手の心を開きうわべではない本当の課題や悩みに
たどり着くことができます。

また、相手がいる方向に体を向けることは重要です。
なぜならPCを見たまま、または別の作業をやりながら幾ら相手の話にうなづいても
相手は自分の話に興味を持ってもらっていない、聴いてもらっていないと感じます。
これでは心を開くはずがありません。

私もはじめて知った時には「そんなことで?」と信じられませんでしたが、
実際にやってみると相手の反応が全く異なりました。

一度でいいので試してみると効果をご理解いただけると思いますので、
部下の生の声を聴きたいと思われている方はお試しください。

ランキングに参加しています。下記のボタンで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。