Blog

開発進捗は数字で表現した方が確実に進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のテーマは、開発を効果的に加速させる進捗管理方法のご紹介です。

例えば、会社全体のスキルアップを目的として、社員に「TOEICで800点を
取らせたい」とか「情報処理技術者試験の資格を取らせたい」といった場合は、
会社・組織として目標設定し、個々の進捗を報告させるなど手を打たれるかと
思います。

過去問を受けさせた結果と目標を比較し不足している分野を特定する。
そして該当分野を繰り返し勉強する…といった、いわゆるPDCAを回すことで
現状のレベルと進捗が明確です。

しかし、新規事業・新商品に関わる業務は一般的な業務フローが存在せず、現状
を正しく認識することが難しいものです。
故に一旦は決めた目標まで、いつの間にかズレてしまうことになりかねません。

では、このような状況において、いったいどのように進捗管理をしたらよいのか
3つのステップで解説します。

  1. 上位ロードマップを元に実務ロードマップを作る
    ご自身の組織・開発プロジェクトの上位に経営戦略や技術戦略などがある
    場合がほとんどかと思います。
    上位ロードマップを真として、ご自身の組織・開発プロジェクトの業務に
    特化した実務ロードマップを作成してください。

  2. 1〜2週間単位の業務(=小タスク)に分ける
    組織・開発プロジェクトのロードマップから開発計画を作成し、だいたい
    3ヶ月程度の業務を1〜2週間単位の業務(小タスク)に分類してください。
    分類した小タスクは、開発スタートした時点で基本的に変更しないことを
    宣言することがポイントです。
    小タスクの作成は、開発メンバー本人に実施させても構いません。

  3. 進捗は数字(=%)と状況(信号)で管理する
    小タスクがスタートしたら開発が軌道にのるまでの期間、デイリーで報告
    します。
    10名程度の開発チームの場合はメンバー全員が出席し、それ以上の場合
    は報告の場がダレやすいので、子チームを作り報告者を設定しましょう。
    報告内容は、小タスク毎に全体の何パーセントが完了しているのか、
    状況を
     赤信号 = 課題多し   :このままでは間に合わなそう
     黄信号 = 課題発生見込み:課題が見えてきた、時間がかかりそう
     青信号 = 順調     :問題なく進んでいる
    などで報告させます。
    この報告内容のポイントは、客観的な数字と主観的な状況の両方を共有
    することです。
    状況を3種類の分類で報告することで、課題解決の議論がすぐにスタート
    でき、チーム一丸で素早い対応が実現できます。
    人間は感情の生き物とはよく言ったもので、どんなに研究好き・ロジック
    思考のメンバーであっても、開発リーダーや仲間に対して、主観的な情報
    を理解して欲しいと潜在的に思っています。

以上、3つのステップを踏むだけで、複雑な業務をシンプルにし、開発を加速
させることができます。

ぜひ、ご自身の開発プロジェクトに適用してください。

 

ランキングに参加しています。
下記のボタンで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。