Blog

オープンイノベーション白書 3章

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンイノベーション白書 第二版の中から興味深い内容をピックアップし、
弊社代表による気づきや解釈を紹介する三回目の記事です。

「第三章 オープンイノベーションを創出するエコシステムの国際比較」
この章では、オープンイノベーションを創出するエコシステムについての
国際比較やエコシ ステムを持つシンガポール、 ボストン、 ロンドン、 ベルリン、
パリについて紹介しています。
各都市の行政にとしての補助金などを含めた施策が詳細にまとめられています
ので読んでいただくとして、この記事では行政施策以外の2つの内容を取り上げます。

 ボストンとシリコンバレーの比較

 ボストンはケンブリッジを中心にハーバード大学、 マサチューセッツ工科大学
などがあり、シリコンバレーと比較されやすいイノベーション ・ エコシステム
ということで、各々の特徴が表としてまとめられています。

この表を見て感じたことは、ボストン≒日本の大企業、シリコンバレー≒
ベンチャー企業のように見えることです。
半導体産業からいち早く産業構造の変化に対応したシリコンバレーに対し、
ボストンは、垂直統合型 ・ 自給自足型で大量生産方式の大企業的な特徴があり、
保守的な体制であると記載されるところからも感じられないでしょうか。
 近年は挽回すべく 「イノベーション地区」 の再開発が進んでいると記されています。

日本でも「シリコンバレー式」というタイトルの書籍が溢れていますが、
もしかすると「ボストン式」の施策を真似る方が肌に合ったイノベーション・
エコシステムを実現できるのかもしれません。

コラム:CIC(ケンブリッジ・イノベーションセンター)の日本進出

二つ目は、スタートアップが入居する「イノベーション空間」を提供する
世界最大級のスタートアップ支援組織CIC:Cambridge Innovation Centerの
コラムからです。

このコラムには、日本のイノベーション ・ エコシステムへの課題認識と提言が
記載されています。
記載されている課題と提言は、「全体として、 日本はリスクをあまりにも避け
すぎている」「民間企業とスタートアップの連携」などいずれも一度は目に
したことがある内容となっています。
同じような指摘や助言にうんざりしてしまうこともあるかと思いますが、
多くの専門機関が同様の課題を提言するのであれば、事実であると受け止めて
改善活動を進めたいものです。

また他のコラムには各国の企業の具体的な事業活動が記載されていますので、
ご自身の新規事業創出のヒントになるものがあるかもしれません。

ランキングに参加しています。
下記のボタンで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。