Blog

オープンイノベーション白書 5章

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンイノベーション白書 第二版の中から興味深い内容をピックアップし、
弊社代表による気づきや解釈を紹介する記事です。

「第5章 我が国のオープンイノベーションの 課題・阻害要因・成功要因」では
2〜4章の事例から課題や阻害・成功の要因がまとめられています。
この記事では、その中から気になった内容を3点あげました。

目的の明確化

弊社ブログでもお伝えしている通り、何に挑戦するにしても目的ありきで決める
必要性がオープンイノベーションへの取り組みでも明言されています。
既にオープンイノベーションに取り組んでいる企業であっても、自社が何を
実現したいかという定義や目的が曖昧なまま進め、オープンイノベーションを
行うことが、組織の戦略・目標となってしまっている例が見受けられる。

オープンイノベーションに限らず、手法ばかり目を向けるのではなく、何を
実現したいのか、その後にはじめて実現するための手段は何かという順を
守って考えたいものです。
あくまでオープンイノベーションは課題を解決するための手段であり、誰もが
理解できる目的を表明して進めることで、新規事業創出の機動力へとつながるはずです。

組織風土の改革

ここで興味深かった事例に、森永製菓における 「やりたければ自ら全工程を
自分で行ってしまっても良い」 という制度を 作り、研究所員が外部を活用し、
最終商品を上市できる 『森永新研究所』 というフロー を作ったというものです。

一見さらっと進めたように見えますが、社内では混乱があったのではないかと推測します。
私自身も経験があるのですが、自前主義の文化です。
ある書籍にも記載されていたのですが、A、B同じような能力の組織があった場合、
人は無条件に自分の組織が優秀だと思い込んでしまうというものがあります。
極論を申しますと、自社が最も優秀だという思考です。

「何をするか」の後の「どうやって実現するか?」では、外部資源と内部資源を
客観的に評価し、自前前提にしない検討をした方が、本当に実現したい事業
への近道となるのではないでしょうか?

外部連携先の探索

実現したい何かが決まり、いざ実現方法を検討するといった段階における
外部連携先の探索は非常に骨が折れる作業です。
理想の連携先の要件がまとまっていたとしても、完全にマッチするということは
稀なのかもしれません。
事例の中で、オープンイノベーションの取り組みが活発化している企業ほど
外部連携先の探索に多様な手法を取り入れていることがわかる、という記載があります。

マッチングサービスや人脈を使ったリサーチ方法以外にもイベント主催やCVC、
アクセラレータープログラムの実践などの事例があがっていますが、
注目したいのは、多様な手法に取り組むことです。

新規事業の創出は、大手企業であってもベンチャー企業であっても、また個人
事業主であっても成功するまで多様な手法を試し続けることであると確信しています。
企業の開発リーダー、担当者が折れずに開発を進めるには、起業家精神の育成が
必須なのかもしれません。

ランキングに参加しています。
下記のボタンで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。