Blog

何はなくとも「戦略」を作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたの会社、あなたの組織には戦略がありますか?」
と質問をすると十中八九「当然、あります。」と答えが返ってきます。

それでは、質問を変えます。
「戦略に基づいた商品開発・研究開発をしていますか?」
「戦略は役に立っていると感じますか?」
「完成した商品は満足のいくものですか?」

さて、いかがでしょうか?
これらの質問の答えに迷いなく「Yes」と言える会社・組織はどのくらいあるのでしょうか?

私の過去の経験、ヒアリングした経営者の答えは、まず「No」です。
日本人の特性というものもあるのでしょうか。
はっきりと「No」とは言わずとも、
「いやぁ、頑張ってくれてはいるのだけれどね。」
「思ったより利益にならなくて…小粒商品になってしまうんだよね〜。」
などなど。

それでは、戦略は不要なのでしょうか?
答えはもちろん事業の成功に戦略は必要です

ただし、出来上がった戦略の「品質」で有益なものにも意味のないものにもなりえます。

では完成度の高い戦略を作るにはどうしたら良いのでしょうか?

答えはシンプル。
「何」を目標とするのか?
「何」をやるのか?
その理由がしっかりとストーリーになっているか?

これらが明確でないと、その先の目標に落とし込むことができません。
枝葉に気を取られて「軸」を見失っていないのかを今一度、確認してみてください。

余談ですが、写真のチェスは「戦略」を表す絵として、使われることが多いですね。
でも「チェス」の世界ではゴールは「相手のキングを打ち取ること」と決まっています。

現代においては、「どんな相手に何で勝つか」といった戦場を決めるところから設定する必要があります。
知恵を絞り、覚悟を決めて「判断する」ことが重要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。