Blog

テクノロジー事業に必要な戦略とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスにおける戦略書というと、最もポピュラーなものとして「経営戦略書」が挙げられます。

「経営戦略書」に事業、商品、技術…などの方針が全て網羅されていると良いのですが、
ほとんどの会社で満足な状態になっていません。

それも大手企業であればあるほど、この傾向が強いのです。

それは、何故でしょうか?

そもそも「経営戦略」は事業の方針を決め、「商品戦略」は商品の方針を決め、
「技術戦略」は技術の方針を決めるものです。

では、これらは誰が決め、誰に伝えるものなのか。

本来は事業に関わる全てのステークホルダーに向けて作成されるものですが、
実はメインターゲットが異なります。

ステークホルダーには、株主、経営陣、開発区、企画区、R&D…などがいます。

それぞれがミッションに応じた「戦略」「方針」を理解する必要がありますが、
全てをまとめようとすると、とても中途半端な内容になります。

先ほど申した通り、大手企業になればなるほど理解にズレが生じます。

そこで各々の役割に合った方針を「戦略」として表現するのです。

ということは、まず事業方針「経営戦略」があり、その中に「商品戦略」と「技術戦略」が入ります。

しかし、この表現には若干の語弊があります。

それは「商品戦略」と「技術戦略」が完全に「経営戦略」の下位になるとは限らないということです。

「経営戦略」と「商品戦略」と「技術戦略」は互いに補完し合う、
つまり統合的な「戦略」であるべきです。

「統合がうまく出来ていない」、「偏った視点でまとめられている」と、
網羅性に欠けた分かりにくい「戦略書」が出来上がってしまいます。

この辺りの「戦略」についての考え方や進め方は、今後このブログでご紹介していきます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。