Blog

現状を正しく認識するために必要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商品や技術開発のロードマップを作るためには、様々なステップがあります。

特に重要なステップであるにも関わらず、
実はないがしろにされてしまいがちなものが何か、お分かりでしょうか?

それは、「ベンチマーク」を徹底して行うことです。

特に下記のいずれかに該当する組織は、今すぐベンチマーク活動をするべきです。

  • 一度も他社のベンチマークをしたことがない
  • ここしばらく3年はベンチマークしていない
  • 開発担当者がベンチマークをしていない(担当部署の結果を閲覧するだけ)

これも大手企業や既存事業が安定している(停滞気味)な企業でありがちな話です。

「インターネットで分解写真と解説を見ているからそんなの無駄!」などとは、
組織リーダーの方は絶対に言ってはいけません。

それでは、頭でっかちで知っているつもり技術者の集団になってしまいます。

過去に私が所属していた組織でもベンチマークを一切やらない、
一部の興味があるメンバーが数年前に興味のある分野しかやらないということがありました。

時間がないとそのまま新規事業の開発に取り組んでいましたが、
戦う相手が見えていない状態では、勝てるはずもありません。

そして案の定、思うように開発が進まず、設計のやり直しが繰り返され、苦労しました。

組織の方針を独自で作ることも必要ですが、自己満足のロードマップを引くことは大変危険です。

必ず、同じ土俵で一緒に戦う相手をしっかりベンチマークしてください。

開発担当者が直に触ってテストするとインターネットなどの不特定多数に対して行う分析とは違い、
あなたの企業・組織に必要な情報が得られます。

なぜなら、あなたの企業・組織が大事にしている設計ノウハウや強み、
また意識している弱みにフューチャーして分析するからです。

また直に触ることで、今まで着目したこともない、思いもよらなかった発見をすることができます。

そして分析した後にはどうしたら追いつけるか、追い越せるか、一人勝ちできるかを考え、
対策を打つことができるのです。

この結果が現状を正しく理解した、勝てる独自ロードマップにつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。