Blog

企画構想にエレベーターピッチを使う理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規事業・新商品の開発コンセプトがイメージできたら、試していただきたいことが
あります。

それは、「エレベーターピッチ」を使ったプレゼンテーションです。

プレゼンテーションと言うと大掛かりな会議体を思い浮かべるかもしれませんが、
この場合は違います。

まさにエレベーターやリフレッシュルーム(休憩所)、または職場での雑談で行う
プレゼンテーションです。

企画書を詳細に作り込む前に、社内のステークホルダーになりそうな人物にあなたの
企画をシンプルに伝え、反応を見ることで企画の確度を得ることができます。

企画のわかりやすさと魅力度が相手の反応を通してダイレクトに返ってきます。

ここで念頭においていただきたいのが「わかりやすさ > 魅力度」という反応であり、
前提として不明瞭なプレゼンテーションの場合、本来の魅力度とは関係なく
つまらない企画として受け手は判断するものだということです。

では、30秒ほどで企画をわかりやすく伝えるためにどのようなテンプレートで
考えればよいかを解説します。

(顧客の潜在的ニーズ・課題解決)したい 
(具体的な顧客)に向けた
(企画名)
(事業ドメイン・業界)という分野の商品・サービスです。
この商品・サービスは(ニーズや課題解決)することができ、
(競合・代替手段)より、(優位なポイント)が優れています。

このテンプレートに難なくキーワードを入れることができれば、シンプルで明確な
表現となります。

実際に既存事業に当てはめてみるところからトレーニングすると分かるのですが、
意外と難しいものです。

何度かエレベーターピッチを繰り返し、表現をブラッシュアップすることをおすすめします。
また、キャッチコピーをまとめた専門書や日常生活で流れてくるCMや広告媒体の表現を
参考にしてもよいでしょう。

シンプルな表現の裏には、徹底した試行錯誤の結果が蓄積されています。
特に研究開発・技術開発の分野で業務をされ続けてきた方々は、少し学ぶだけでも大きな
成果をもたらしますので、少しずつ取り組んでみてください。

ランキングに参加しています。下記のボタンで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。