目標設定

研究開発ゴールを宣言する効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

研究開発テーマの計画は?

先日、ある研究開発組織の担当者から開発情報を聴く機会がありました。
その時、彼は「来年の今頃にはなんとか形にしたいと思っています。」と回答したのです。組織・チーム内ならばいざ知らず、外部の人間に対しての発言であったから驚きです。これは勿体無いPRだなと感じたことを覚えています。
反対のケースでは、研究開発テーマのロードマップ報告の場で、ある開発リーダーが次世代商品への搭載を目的としたコア技術の進捗を報告していました。
この時、開発リーダーは「多少の課題はあるものの、予定どおり来年春には実用化開発完了の見込みです。」と報告しました。

この2つのケースで起こり得る事象はどんなものがあるでしょうか?

最初のケースは出来高次第と解釈する回答であり、受け取り側は本気で聴く気になれません。技術シーズPRとしては問題があります。
2番目のケースは計画通りできますと前向きな回答であり、宣言通りであれば良いのですが、研究開発における技術の壁を考慮すると簡単には成功へと至りません。ゆえにあまりに楽観的な回答をし続けると、そのうち信頼を失ってしまうケースを目にします。

この2つのケースは研究開発の担当者、マネジメント層や事業企画の間で頻繁に起こる事象ですね。
皆さんの会社でも研究者はできると断言することに躊躇し、マネジメント層や事業企画・営業区はできますと宣言することが多いのではないでしょうか?

ゴールを宣言する効果

ここで研究開発テーマのゴールを宣言する効果を説明します。
ゴールとは言うまでもなく、機能・性能やそのレベル、完成時期などです。
これらの情報を提供したい相手は誰でしょうか?
社内の技術シーズをPRして、活用してもらうのですから、見込み顧客や共創相手であることは間違いありません。
そして将来の顧客・共創相手は皆さんの技術を待っている状態です。そのために欲しい情報を伝える、つまり宣言することは重要で、そこで初めて検討の土台に乗るのです。

宣言する情報

研究開発テーマはあくまでアウトプットされる技術に利用者が存在することを想定していると思います。

先に記載した通り、「できそうも無い」「出来高でそのうち」「できます、やります」では利用検討者は困ります。
一方で研究開発は失敗の可能性を多分に含んでいることも事実です。

このような場合において、ゴールは幅を持たせて宣言することを推奨します。

つまり、ベストケースとワーストケースで実装される機能や性能スペック、また実用化開発完了タイミングを表現します。
もちろんメインゴールは、1つ。変動幅を情報として公開する、この一手間で技術シーズPRへの反響が変わってくるでしょう。
研究開発テーマはどうしてもリスク前提でジャッジされることがあり、手応えを感じることが難しいものです。利用見込み客の不安を取り除くためにも変動幅を宣言しつつ、研究開発テーマをPRすることが望ましいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

コンサルティング現場から
ビジネスに関するヒントや
新商品の開発ポイントなど
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

送信後にメールアドレス宛に
仮登録の通知がされます。
メールを開き、必ず本登録の
手続きをお願いいたします。

(注意)フリーメールアドレス
や同業者と判断された場合は、
事前の許可なく登録されません。