組織マネジメント

組織における多様性の受容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの組織・チームの行き先は?

先日、ある取引先のご担当者から
川崎さんの経歴をみて思ったのですが…
男性部下を持って悩んでいる女性リーダーの教育をやってみてはいかがでしょうか?
との提案を受けました。

ご承知の通り、当社のコンサルティングのメインは、コア技術の育成、および事業化・商品化のサポートです。独立起業して一貫してテーマを1つに絞ってきました。おかげさまで意義のある活発な活動に取り組めていると感じています。

一方でコンサルティングやセミナーでお会いするクライアント・受講生からはこんな声を多くいただきます。


「結局、どんなアイディアも組織の壁に負けてしまい、前に進まない」
「自分一人で頑張っています、でもついて来てくれるメンバーがいません」
「声の大きい発言者による偏ったアイディアしか出て来ません、もっと斬新で挑戦しがいのあるテーマを提案したいのに、がんじがらめになっています。」
「そもそもやる気のないメンバーをまとめるのに苦労して、いつになったら活発な議論ができるのか想像できない」

と、このように研究開発そのものの悩みではなく、対象となる研究開発テーマが決まらない、いいアイディアを組織で出せない、やる気あるメンバーがいないといった人的課題です。

オリンピックを控え、すでに公用語を英語とする日本企業も増え、また女性労働者や高齢者、障害を持つ方々との協業の推進が叫ばれる中、今後はさらに人間関係をベースとした悩み・課題が増えることでしょう。

ちょっとしたコツで無用な軋轢を無くす

人間関係全般の悩みは専門家にお任せしますが、研究開発組織のマネージャーとして私自身がこだわっていた、人間関係をよくするためのポイントを3つ紹介します。

  1. カテゴライズしない
    男/女、自分よりキャリアが長い/短い、学歴(大学名、博士号など)、見た目(派手/地味)などで相手をカテゴリに分類し、思い込みで接することをやめる。
    例えば、「タメ口の新人の意見は聞かない」、「その分野の専門家であるシニアエンジニアの発言は正しいと思いこむ」などです。
    初対面の場合、カテゴライズすることでなんとなくこんな人であろうと予測できるので、安心材料になりますよね。
    しかし、組織・チームメンバーは初対面のあと、しばらく活動を共にする仲間であり、一人の人間として接します。
    先入観なくフラットな感情を心がけます。そのためにあの人は〇〇だからというカテゴライズ思考はやめましょう。

  2. 意見の違いを受け入れる
    自分以外の人は他人です。当然ながら意見はみんな違って当たり前。
    商品アイディアやコア技術の選定など、未来を予測する業務がゆえにさらに意見の違いは大きくなります。
    そのような状況でも、「意見を全否定しない」「多数決で決めずに、少数意見の深掘りも平等に行う」ことを心がけます。
    自分と違う意見を聞くと新たな発見、気づきも出て来ます。
    無理に賛成しなくていいのです、違う意見・考え方を楽しみましょう!

  3. いい面を探す
    それでもどうしても合わない、苦手だという相手はいるものです。
    私も会社員時代は、苦手な人を作らないように作らないようにと意識していましたが、限界は訪れます。
    最悪なパターンでは、苦手だと思う自分を責めてしまうケースもよく見かけます。
    同じ組織・企業で働いている以上、事業目標に対しては仲間である必要がありますが、プライベートまで仲良くする必要は全くありません。
    このようなケースは、業務に関するある一点(複数でも、もちろん良し)のいい面、尊敬できる面を探すことです。

    例えば、このように考えます。
    声が大きい・うるさい…プレゼンテーションの場で活躍できます。
    プログラムのコーディングが早い…プログラムの主要部分を任せ、本人の満足感を満たしましょう。
    さわぐ・楽しいことが好き…アイディアマンとして斬新アイディアを生み出しましょう。

3つのコツで職場の人間関係をラクに!

  • カテゴライズしない
  • 意見の違いを受け入れる
  • いい面を探す

3つのポイントは、実際に私が職場の人間関係で悩んでいた時に挑戦したものです。
私自身、「女性だから」という言葉でかなり傷ついたこともあります。だからこそ、自分は人を先入観で見ないようにしよう、意見は違うものだ、こんなに私のことを毛嫌いするあの人にもいい面があるはずだと考えるようになりました。

全てがうまくいったわけではないけれど、「大丈夫。伝わる人には伝わります。」
この伝わる人というのがあなたの良きメンター、アドバイザー、パートナーとなってくれる可能性を秘めています。

せっかくイノベーティブな業務を行なっているのですから、できるだけ活発に楽しみながら研究開発テーマを推進してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

コンサルティング現場から
ビジネスに関するヒントや
新商品の開発ポイントなど
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

送信後にメールアドレス宛に
仮登録の通知がされます。
メールを開き、必ず本登録の
手続きをお願いいたします。

(注意)フリーメールアドレス
や同業者と判断された場合は、
事前の許可なく登録されません。