Blog

開発テーマ選定における3つの視点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規事業・新商品を開発するにあたって
「何を」開発するべきかを決定することは難しく、
結果を左右するというお話をしてきました。

今回は、「What:何」を最後に決めるための3つの視点をご紹介します。

答えは、とてもシンプルです。
「できる」「やるべき」「やりたい」3つをチェックすることです。

できる

まずその商品を作るための「技術」「資金」「人材」などを準備でき、
かつ他社よりも優れていることが条件となります。
他社よりも優れていても、すぐに追いつかれてしまうものでは駄目です。
また、これらを客観的に判断するスキルも必要です。

やるべき

市場ニーズがある商品(開発テーマ)は、できるものならやるべきです。
「あったらいいな」よりも「ぜひ買いたい」という、より購買意欲を掻き立てる
ものであればベストです。
「あったらいいな」の場合は、市場ニーズを深掘りした方が確度があがるでしょう。

やりたい

実はこの「やりたい」が一番重要です。
新規事業・新商品の創出は、並大抵の志では到底乗り越えられないハードなものです。
「やりたい」が強くないと、途中で諦めてしまう事態なりかねません。
「できる」「やるべき」が揃ったら、何度も自問しましょう。
そして開発リーダー・開発者のアサインは、仕事ができる・技術力がある人材よりも
「やりたい」と手をあげる人材がベストです。

それでは、「できる」「やるべき」「やりたい」の3つのポイントをクリアした
開発テーマを選定し、進めてください。

ランキングに参加しています。下記のボタンで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。