Blog

技術はリスト化しておく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「技術戦略」および開発テーマを決定するための準備において、コア技術の決定が
必要です。

コア技術とは、以下の要件を満たす必要があります。

  • 他社が真似できない(しにくい)独自の技術であること
  • 市場を生み出す新規性がある技術であること
  • 代替技術が(ほとんど)ないこと

これらの要件を満たす技術というと、難易度が高く感じられ、なかなか羅列する
ことができないシーンをよく目にします。
また、「他社が真似できない」にこだわり続けた挙句、市場を生み出す商品まで
アイディアが広がらないケースもあります。

新規事業や新商品の開発テーマ・プロジェクトを考える上で、
「コア技術は何ですか?」という質問はナンセンスです。
個人として問われる「あなたの強みは何ですか?」という質問と同じく、
強みは自分の目に見えにくいものだからです。

では、何もしないのかというとそれは違います。
何をすればよいかというと…

あなたの会社・組織が保有する技術を網羅的にリストアップすることです。
まずリストアップして、新規性・市場の有無・模倣のしにくさなどの選定に必要な
項目を評価し、開発プロジェクト・テーマを決める段階でそのリストを
引っ張って来ることをお勧めします。

一度、リスト化して整理し、必要な時に閲覧できるように準備をしておくことで、
リスト使用時に保有技術の再チェックができます。

リスト化した時期の技術や政治的なトレンドから見方が変わりますし、
追加・削減する項目が出るはずです。

保有技術のリスト化、および再考は、いざ新規事業の開発テーマを決めるぞ、
という段階でリスト化するのではなく、通常の業務の一部に加えておくことが、
実際の開発戦略を構想する際に非常に役立ちます。

 

ランキングに参加しています。下記のボタンで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。