Blog

オープンイノベーション白書 4章

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンイノベーション白書 第二版の中から興味深い内容をピックアップし、
弊社代表による気づきや解釈を紹介する記事です。

「第4章 我が国のオープンイノベーション推進事例」では、企業や地域の
オープンイノベーションの事例やその成功要因がまとめられています。
この記事では、その中から気になった内容を3点あげました。

経営トップの覚悟

ほとんど全ての事例において、経営トップ自らが既存事業への不安を感じ、
現状のままではいけない、変革をもたらすんだという強いリーダーシップを
とり、覚悟を持って進めることがオープンイノベーションを成功へと導く
必要条件であることが伺えます。

単に決意表明して終わりではなく、その後の企業活動が進められるよう
組織体制の構築や社内評価制度の変更、また社員だけでなく役員への徹底した
目的の共有までを実践した事例が並びます。

具体的には、下記に示す事例がありました。

  • 評価指標にクリエイティビティの軸を入れ、顧客が喜んで使用している
    イメージがもてるかどうかを組み込む
  • 飛び地のプロジェクトは、経営陣から現状の売上げや利益の質問は
    させないという合意形成がなされている

両者とも「言うは易し行うは難し」事例ではないでしょうか?
特にクリエイティビティのように白黒付けづらい項目を評価軸とすることには
苦労されたのではないかと推察します。
また、経営陣がついつい目先の売り上げに言及してしまうことはよくありますが
そうさせないことを合意形成のレベルまで持っていくには地道な活動が必要でしょう。
しかし、新規事業の開発担当者が安心してプロジェクトを進めるには必要な
サポートだと強く感じています。

ビジネスモデルの考え方

弊社の記事においても何度かお伝えしていますが、新規事業・新商品には
自前主義で品質改善に注力するのではなく、顧客価値(市場ニーズ)を
捉えながらビジネスモデルを構築することがオープン・イノベーション
成功にとって必要だという見解が多く見受けられました。

自己満足になりがちな品質向上ではなく、あくまで顧客にとって欲しい・
嬉しい商品かどうかを常に考えて開発したいいものです。

リーンスタートアップ方式の導入

こちらも様々な事例でも成功への鍵だと謳われている、小さくPDCAを
回すリーンスタートアップ方式の開発手法です。
この方法は起業家であれ、大企業であれ変わりなく運用することをおススメします。
初めは2〜3人から10名程度の少数精鋭による、市場ニーズ探索から進め、
小さな成功を繰り返すことこそ、事業拡大につながると私自身も感じています。

他にもこの章では、具体的にどの企業がどんな施策を行い、どんな商品・
サービスへと繋げたのかがまとめれられいますので、新規事業開発の参考になると思います。

 

ランキングに参加しています。
下記のボタンで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。