Blog

オープンイノベーション白書 6章

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンイノベーション白書 第二版の中から興味深い内容をピックアップし、
弊社代表による気づきや解釈を紹介する記事です。

「第6章 オープンイノベーション創出に向けた JOIC の活動」では、
オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会:JOICの活動がまとめられています。
最終回であるこの記事では、その中から気になった内容を2点あげました。

活動内容

  • 日本ベンチャー大賞
    2015年より開催された同賞で株式会社ユーグレナや株式会社メルカリなど
    が受賞し、ロールモデルとなる企業家の表彰が行われています。
    Mustではありませんが、ロールモデル企業がある方が挑戦者としての
    意欲が掻き立てられますね。

  • JOICセミナー、ワークショップ、異業種交流会
    様々な公的機関や企業などの主催による同種のセミナーやワークショップ
    がありますが、「オープンイノベーション創出」に特化した会はあまり
    ないのではないでしょうか。
    開催履歴から決まった時期の開催とはしてなさそうですが、3ヶ月に一度
    程度のペースで実施しているようです。

NEDOピッチ

このトピックだけ別項目としてあげた理由は、ビジネスに直結する可能性を秘め
また、この会ならではの実施内容だと感じたからです。

国立研究開発法人新エネルギー ・ 産業技術総合開発機構 :NEDO と共催で、
各回のテーマに合うベンチャー企業が研究開発の成果と事業提携ニーズについ て、
大企業やベンチャーキャピタル等の事業担当者に対しプレゼンテーションを行い、
具体的な事業提携・イノベーション創出を目的として行うイベントと記載されています。
NDAを締結し、すでに具体的な事業提携 ・ 連携まで結びついた案件がある模様です。

交流会なども良いのですが、やはり「具体的に事業を創出する」ことを期待して
参加する企業がほとんどであると思いますので、このようなイベントが他の団体
主催においても増えてくるとイノベーション創出活動がより、浸透すると思います。

 

ここまで6回に渡って「オープンイノベーション白書 第二版」について気づき
を記事にしてまいりましたが、今回を持って終了です。

みなさまは、どのように感じ、これからの活動への参考としたでしょうか?
新規事業・新商品の創出には様々な困難が待ち構えていますが、これだと決めた
テーマを推進し、壁を乗り越え、事業化できた際の喜びは何物にも変えがたい
感動をもたらしてくれるはずです。

ぜひ、前向きに歩み続けてください。

 

ランキングに参加しています。
下記のボタンで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。