blog

チームで成果を出すための1stステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、新商品開発リーダーに必要なスキルで最も大切な考え方として、「チームで成果を出すための1stステップ」というタイトルで記事を進めます。

リーダーシップに関する書籍をお読みになっている方は、もしかするとチームで成果を出すなんて当たり前だと思われるかもしれません。
しかし、知識として理解したとしても実際に行動に移すこと、その行動を継続することがいかに難しいかを考えさせられる機会があります。

セミナーをはじめ、コンサルティングを行うにあたり、いわゆる新規事業・新商品の立ち上げノウハウや技術戦略の進め方をお伝えしていくのですが、その中で非常に多い悩みとしてあがるのが、頑張っているのに「人がついてこない」という課題です。

ここで言う「人」とは、ご自身の部下や決裁者である上司、協力依頼先であるR&D組織が該当しますが、今回はその中でも部下や同僚であるチームメンバーを中心に話を進めます。

特に既存事業と掛け持ちで新規事業・新商品の要素開発を行う場合、昨今の働き方改革の影響も多少あるのか、部下から検討する時間がないという不満が上がったり、実際に既存事業を優先したがために新規関連の業務を放棄されてしまうこともあるようです。

このような場合、真面目な開発リーダーはご自身で全てを引き受けてしまう傾向があります。実際、会社員時代の私も同じく「私がなんとかしなくては」と息巻いて一人奮闘していた記憶があります。
しかし、VUCAと呼ばれる不安定で不確実、複雑かつ曖昧な現代において真新しい事業や商品を開発する、そのための戦略構想を行うことは一人ではとてもなし得ません。

では開発リーダーは何をするべきなのか?

その答えは、チームで成果を出すための行動を心がけることです。
行動は結果が出るまで継続するんだと覚悟することも重要です。

チームで成果を出すためには、まず目的に合わせたチーム体制を作ることから始めます。
開発リーダーは目標とする成果を実現するためのシナリオを描き、推進することに注力するのです。
チームメンバーにはシナリオを実現できそうなメンバーをアサインする、場合によってはご自身の部下ではないメンバーをアサインできるように交渉することも必要です。

チーム体制を作ったら、メンバー個々に期待しているミッションを説明します。
多くの場合、なぜ自分がメンバーに選出されたのか分からないまま、プロジェクトに任命され、不満を持っている状態からスタートという光景を目にします。

具体的に何を期待しているのかを伝えることで、メンバーの意識が変わります。
伝える際には、なぜあなたに依頼するのが最善なのか理由を付けると表情がガラリと変わり、積極的に関与するようになった事例があります。

開発リーダーは一人で戦ってはいけません。
素直に「ここの業務を助けて欲しい」と言えるリーダーは心強い協力者を得る事ができます。
「人がついてこない」とお悩みのリーダーは実践してください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tech×Bizラボ」メルマガ登録

ビジネスにお役立ちする
ちょっとしたヒントや
新商品の開発ポイントを
わかりやすくお伝え、
お役立ち情報をお届けする
無料メールマガジンです。

送信後にメールアドレス宛に
仮登録の通知がされます。
メールを開き、必ず本登録の
手続きをお願いいたします。

株式会社ファースト・イノベーテック は Stephen Fry も推奨の WP Super Cache を使用しています。